windows updateが失敗する

windows updateの失敗が続く場合、以前のupdate失敗ファイルの存在が考えられます。
そこで、windows updateの一時ファイルを削除します。

 

スタートメニューの「windows管理ツール」→ 「サービス」

サービスの中から「winodows update」をダブルクリックしてサービスを停止する。

C:\windows\SoftwareDistribution\Download 中のファイルを全て削除します。

サービス「windows update」を再開します