HomeエディションでHyper-v

Hyper-v 仮想化はwindows proバージョンにのみ搭載されている機能ですが、homeバージョンでのやり方がネットに掲載されていましたので紹介します。

メモ帳に下記内容をコピーします

pushd “%~dp0″
dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\*Hyper-V*.mum >hyper-v.txt
for /f %%i in (‘findstr /i . hyper-v.txt 2^>nul’) do dism /online /norestart /add-package:”%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i”
del hyper-v.txt
Dism /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Hyper-V-All /LimitAccess /ALL

任意のファイル名を付けて、拡張子を「.bat」として保存します。

保存したxxx.batファイルを右クリックして「管理者として実行」をクリックします。処理は10分ほどかかりますが最後に「今すぐコンピューターを再起動しますか?」と表示されるので「Y」を押します。

スタートメニューの「windows管理ツール」に「Hyper-Vマネージャー」があればHyper-Vが利用できます。